大島一朗先生から「お茶の水橋の都電レール遺構についての私見」を頂きました

鉄道レールについてとても詳しく研究されている大島一朗先生(産業考古学会理事)が、今回出土した「溝付きレール」と「官営八幡製鉄所製の溝なしレール」について、大変詳細な所見を送って下さいました。先生のご承諾を頂いてここに公開します(PDF版とJPEG版は同じものです。)。

JPEG版:

なお、お茶の水橋の現場からは、米国Lorain Steel社製のレールも出土したとの情報もあり、現在、千代田区に確認をお願いしています。

産経新聞に都電遺構の美しい写真が掲載されました

2020年2月13日付けの産経新聞Web版(産経フォト)に、今回出土した都電遺構の写真が掲載されました。

本日(2020年2月13日)現在、都電遺構はほぼ全て撤去されてしまいましたが、産経新聞の写真は、都電遺構の最も美しかった瞬間を、4枚の写真に、見事に記録して下さっています。プロの作品に感嘆しています。

当保存会にも、一言触れて下さっています。

カメラマンの萩原悠久人様、ありがとうございました。


【路上感撮】都電のレールが突如出現https://www.sankei.com/photo/story/news/200213/sty2002130001-n1.html?fbclid=IwAR2M8hgssERdXC1bSw9m5Dt0CXo0nP7eOye4ectHfCd28eIbjHh4vlABMmU

「お茶の水橋都電遺構」の産業遺産としての価値

FacebookグループとTwitterを中心とする保存会の活動を通じて、「お茶の水橋都電遺構」の産業遺産としての価値に関する情報が、たくさん集まってきました。集合知の力の大きさに感謝しております。ありがとうございます。

保存会執行部において、「お茶の水橋都電遺構」の産業遺産としての価値に関する情報をとりまとめた参考資料を作成しました。問題提起にとどまる事項も多く、保存会としてさらに検討を続けるとともに、学術専門家の方々が、本格的に取り上げて下さることを希望・期待しております。

お茶の水橋都電遺構に関する記事まとめ

他にもありましたら、コメント欄に追加していただけましたら幸いです。

お茶の水に出現した戦前の都電線路跡 工事で開いたタイムカプセル(2020/1/27 12:00 おたくま経済新聞)
https://otakei.otakuma.net/archives/2020012703.html?fbclid=IwAR2QY2VNwjGleYHkIEQvsKb-roGtL7kMWetj_ZQifbKYIPHMwjNKQdAewXs

御茶ノ水に「都電錦町線」の跡が出現 明治時代から太平洋戦争中まで走った路線
(2020/1/27 18:30 J-CASTニュース)
https://www.j-cast.com/trend/2020/01/27378089.html?p=all

舗装の下に都電レール 東京・お茶の水橋 戦中に廃止、工事で地上に
(2020年1月28日 東京新聞朝刊)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202001/CK2020012802000144.html

都電ファン歓喜? 御茶ノ水駅前の工事で突如現れた「歴史的遺構」の正体
(2020年1月28日 URBAN LIFE METRO)
https://urbanlife.tokyo/post/28318/

本当にこれを壊していいのか。御茶ノ水で出土「戦前の都電遺構」が僕らに教えてくれること
(2020年1月28日 11:10 BUSINESS INSIDER)
https://www.businessinsider.jp/post-206503

神田川に架かる橋から戦時の線路が出現 保存の道を模索中
(2020.01.29 07:00  NEWSポストセブン)
https://www.news-postseven.com/archives/20200129_1535074.html

お茶の水橋アスファルト5センチ下から出現、戦中に消えた都電 錦町線 の線路跡
(2020.01.29 鉄道チャンネル)
https://tetsudo-ch.com/10029710.html?fbclid=IwAR2xEs8aLSvB261CV3MKZCSclEC2fk9yT1W-tTykndjOrlyyg1Fnz2y2cd8

道路工事中に突然「線路」が出現 でも撤去へ
(2020年1月30日 18時30分 TOKYO MX NEWS)
https://s.mxtv.jp/mxnews/kiji.php?date=1g2k91qsxkfz25tch

お茶の水橋と『外濠電車唱歌』

(保存会メンバーの笹目史郎(http://sassy.la.coocan.jp/)が、Facebook「お茶の水橋都電レール保存会」に投稿した記事を転載します。)83863636_1706509262825582_4421579551746818048_o.jpg

「初代」のお茶の水橋には皆さんあまり興味が無いかもしれませんが、「外濠線」(東京電気鉄道)の時代、風光明媚なこのあたりは、明治38年の『外濠電車唱歌』の中でも、特に数行を費やして歌われています。(ここでは一部表記を変えてあります。)

14.秩父甲斐が根遥かにも 見えて名に負ふ駿河台
登りつめたる今此処は 音に聞こえしお茶の水
15.数丈も高き橋の上に 立ちて東を眺むれば
神田・浅草・日本橋 下谷・本所も唯一目
16.下逝く水に早舟の 声面白き櫓拍子は
都をよその眺めにて 帰さの程の忘らるる
17.左の森は教育の 為にと開く図書館や
博物館の建てるあり 続くは高等師範校
18.近きわたりに鎮座ます 神田明神伏し拝み
名残尽きせぬ名所をば あとに残して進み行く

<読みの注釈>
名に負ふ:なにおう 此処:ここ 数丈:すじょう
橋の上:はしのえ 唯一目:ただひとめ
早舟:はやふね 櫓拍子:ろびょうし
帰さ:かえさ 図書館:ずしょかん 鎮座:いつき
(あとは大体、読めると思います。)

曲も一応パソコンに演奏させてみました。ずっと昔に気軽に作ったもので、音楽的なセンスはありませんが。興味のある方は、下のリンクからお聴きください。(すぐに音が出るので音量に注意。演奏時間は50秒です。※音量を少し下げてみました。)